Tokyo SME ブログ詳細

2021 03.15

日本のビンテージ皿について

私は、アンティックやビンテージの皿を集めるのが好きです。それらは食べ物を
より美しく見せ、テーブルセッティングを豪華にします。中古の皿には、それに
隠された秘密の歴史や裏話が有り、食卓の話題に事欠きません。また、食事の時に
お気に入りの皿を選ぶのも楽しみです。
タイで出回っている日本の中古の陶器は、通常日本からコンテナ船で運ばれてきて、
バイヤーがコンテナの中身をまるごと買い付けた後、バンコク、チョンブリ、
アユタヤなどの各地の倉庫のような場所で、キロ売りもしくはブランドごとに
まとめて一般顧客に販売されています。値段は100-200バーツ/キロ。

私はこの買い物が大好きで、掘り出し物に出会った時は、隠された宝石を手ごろな
価格で見つけ出せた時のように感激、興奮します。また、この趣味は、リサイクル
という意味でも環境にやさしく、同好者の友達も作ることができます。その友達には、
ビジネスオーナーやレストランオーナーもいます。

しかし私にとって、この趣味の問題は、掘り出し物を買いすぎて、それを保管する
場所が無くなり、新しい食器棚が必要になることです。

Tokyo SME Support Center Thailand Branch Office スティダー

最新のTokyo SME ブログ